2015年05月10日

新国立劇場《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》協会デスク設営のお知らせ

こんにちは。初夏らしいさわやかな気候が続いていますね。

新国立劇場では、今日10日より、新制作の《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》が始まります。美しく洗練された舞台で定評のある、フランスの演出家ヴァンサン・ブッサールによるプロダクションです。(個人的な体験で恐縮ですが、ブッサールの《ドン・ジョヴァンニ》を見たことがありますが、とても洗練された粋なプロダクションでした)。

さて、日本ヴェルディ協会では、ヴェルディのオペラの公演があるときに、新国立劇場のホワイエにデスクを出させていただき、協会の活動のご紹介をしています。
今回の《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》でも、すべての公演日にデスクを出させていただけることになっています。
公演の前後や休憩時間には会員が詰めていますので、ぜひお気軽にお立寄りください。
 
公演情報はこちらです。

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/150510_003710.html 

posted by NPO日本ヴェルディ協会 at 08:53| Comment(0) | オペラ考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: