2015年05月29日

ミラノ・スカラ座とヴェルディ

image.jpg 6月12日(日)に大阪市中央公会堂で当協会主催の講演会「青春のジュゼッペ・ヴェルディ」が開催されます。
講師はミラノ・スカラ座で長年ヴィオラ奏者として活躍した寺倉寛さん。

(詳しくは当協会ホームページTOPICS欄をご覧ください:http://www.verdi.or.jp/


そこで、ミラノ・スカラ座の過去の来日公演を振り返ってみました。(スカラ・フィルの公演は入れていません。)

1981年:《シモン・ボッカネグラ》《オテッロ》《ラ・ボエーム》《セヴィリアの理髪師》
<レクイエム(ヴェルディ)><小荘厳ミサ(ロッシーニ)>
1988年:《ナブッコ》《カプレッティとモンテッキ》《トゥーランドット》《ラ・ボエーム》
1995年:《ラ・トラヴィアータ》《ファルスタッフ》《西部の娘》<眠れる森の美女(バレエ公演)>
2000年:《リゴレット》《運命の力》<レクイエム(ヴェルディ)>
2003年:《マクベス》《オテッロ》
2009年:《アイーダ》《ドン・カルロ》
2013年:《リゴレット》《ファルスタッフ》

こうして並べてみると一目瞭然ですが、ヴェルディ作品が入らない年はないばかりか2000年以降はヴェルディ作品しか上演されていません。いかにスカラ座とヴェルディの縁が深いかがわかります。
もちろん、本国ではいろいろな演目が演じられているわけですが、日本に引っ越し公演をするとなるとイタリアのオペラハウスの代表としてイタリア人の作品、とりわけヴェルディ作品が中心の公演となるということでしょうか。
 筆者は上記のほとんどの公演に行っています(1995年だけは海外にいたので行けませんでした。)が、とりわけ印象深いのはやはり1981年の最初の引っ越し公演です。
アッバードとクライバーの指揮、ストレーレル、ゼッフィレッリ、ポンネルのプロダクション、カップッチッリ、ギャウロフ、ドミンゴ、フレーニ、ヴァレンティーニ=テラーニなどの歌手陣、どれをとっても超一流で度肝を抜かれました。そして何よりも合唱団の声の厚み、オケの音色の輝かしさ、舞台美術や衣装の美しさなど、劇場を支える全ての人々によって支えられている圧倒的な総合力の高さに茫然としたものです。
その目くるめくような陶酔の時間が中断する幕間時間は30分以上あったでしょうか。カーテンの向こう側からは、舞台関係者が何やら大声を出しあいながら舞台転換を行っている騒然たる雰囲気が伝わってきます。本国とはサイズも機構も違う慣れない舞台(NHKホールと東京文化会館でした)に戸惑いながら懸命に奮闘する様子が丸わかり。一方で、オケピットの中ではソロパートや難しいパッセージなどを泥縄式で何度も臆面もなく練習している奏者がいます。このあたりのあけっぴろげな感じが何ともイタリア的と感じたものです。
寺倉さんがスカラ座オーケストラに加入されたのは、この1981年の12月とのこと。スカラ座管弦楽団はトスカニーニの時代からイタリア随一のオーケストラとしての演奏活動も行ってきましたが、寺倉さん入団の直後に、マエストロ・アッバードがスカラ・フィルを立ち上げ、交響楽団としての活動も盛んに行われるようになったようです。
最近のスカラは少し小粒になってしまったようですが、アッバード、ムーティの黄金時代に数々の偉大な歌手たちの名演をオケピットの中から見てこられた寺倉さん。どんな話が聴けるのか、とても楽しみです。
                                       (Simon)
posted by NPO日本ヴェルディ協会 at 17:42| Comment(0) | オペラ考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: